アンチエイジングの口コミで人気~ラクトフェリンとセラミドの力~

セラミドには肌を潤す効果がある~化粧品とダイエットサプリを併用~

化粧品とダイエットサプリを併用することで、アンチエイジング効果を更に引き出すことが可能です。内側と外側の両方からお手入れを心掛けましょう。

セラミドには種類がある

黄色いサプリメント

セラミド不足を補うために、内側から摂取することが近年注目されています。そのため、セラミド配合のダイエットサプリも多く開発されています。ダイエットサプリなどに配合されているセラミドには、主に4つの種類があります。天然セラミドと植物セラミド、ヒト型セラミドに合成セラミドです。自分に合ったセラミドを摂取することで、吸収率もアップするでしょう。美肌効果の高いセラミドとして、パイナップル由来のものや含有量豊富なこんにゃく由来のものがおすすめです。米ぬかや米胚芽から抽出されたセラミドも、現在多くのサプリメントに利用されています。

天然由来のセラミド
天然由来のセラミドには、動物性と植物性があります。動物性の天然由来のセラミドは、馬などの動物の脳や脊髄から抽出されたものです。人間の角質層にあるセラミドと近く、保湿効果も優れています。特にアトピーや敏感肌の人におすすめです。保湿に適していて、バリア機能の改善や肌荒れ対策として効果を発揮します。化粧品の成分表示では、「ビオセラミド」「セレブロシド」「ウマスフィンゴ脂質」と表記されています。植物性の天然由来セラミドは、大豆や米、トウモロコシにこんにゃく芋、小麦胚芽油や米ぬかなどが原料になっています。サクラなどの植物からも抽出可能です。植物性セラミドは肌への浸透力が高く、刺激が少ないという特徴があります。化粧品の成分表示では、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「植物性セラミド」と表記されることが多いです。
合成由来のセラミド
合成由来のセラミドには、ヒト型セラミドと合成セラミドがあります。ヒト型セラミドはバイオセラミドとも呼ばれ、酵母から生成されるものです。「ヒト型」と呼ばれるのは、人の肌にあるセラミドとほぼ同じ化学構造を持つためです。肌馴染みが良く、角質層にある細胞間脂質のラメラ構造を形成するのに活躍します。化粧品には、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」と表記されています。そして、もう1つの合成由来セラミドである合成セラミドは、疑似セラミドとも呼ばれています。これは、石油原料から合成されたものであり、化学構造がセラミドと似ているからです。安価で大量生産が可能なため、化粧品に多く使われています。しかし、効果は他のセラミドに比べて高くないため、化粧品にセラミドとして表記できません。化粧品の成分表示では、「ヘテサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」などで表記されています。

セラミドの化粧品を利用した人の口コミ

肌トラブルが少なくなりました(52歳/女性)

クレンジングは肌の清潔を保ち、ターンオーバーを促すのにとても大事です。そのため、クレンジングには強いこだわりがあります。乾燥を防ぎたいときや肌の疲れが気になるときはセラミド入りのクレンジング剤が役立ちます。使いはじめて肌荒れしなくなり、肌のみずみずしさを保てるようになりました。セラミド入りのクレンジング剤に出会えて、本当に良かったです。

みずみずしさが蘇りました(54歳/女性)

季節に関係なく常に肌荒れしやすく、かさつきやくすみが気になっていました。色々な化粧品を試したのですが、混合肌のため悩んでいたのです。しかし、セラミド入りの保湿クリームを使うようになってからは、肌トラブルが起こらなくなりました。他の化粧品ではあまり効果を実感できなかったり、肌荒れを起こしたりすることもあったので、セラミド入りの化粧品の凄さには驚きです。保湿クリーム以外に、ローションやパックも試そうと思っています。

セラミドを摂取するときの注意点

使われているセラミドがどの種類のものなのか確認することが大事です。植物性セラミドは普段口にするお米や麦、大豆などが使われているため、アトピーの人や敏感肌の人も安心して使えます。しかし、アレルギーを持つ人であれば、これらの成分は避けなければいけません。また、肌なじみが良く、効果も実感しやすくなりますが、動物性セラミドと比べると、効果は多少劣ります。そのため、そうした点を考慮した上で、自分の肌に合ったセラミド入りのアンチエイジングアイテムを選ぶ必要があるのです。

ラクトフェリンを摂取すると嬉しい効果が色々

美容や健康系の口コミサイトで最近多くの人から注目されているのが、「ラクトフェリン」という成分です。ダイエットサプリにも配合されているため、美しさと若さを保ちたい人は積極的に試してみると良いでしょう。

ラクトフェリンをダイエットサプリで摂取するメリット

腸内環境の改善をしてくれる「ラクトフェリン」は、腸内でその効果を発揮します。しかし、熱や酸に弱いという難点があります。熱処理された市販の牛乳には、ラクトフェリンがほとんど含まれていません。また、ラクトフェリンが豊富な生乳やナチュラルチーズを食べたとしても、胃酸によって分解されてしまうのです。効果を実感したい場合は、腸までしっかり届くように設計されたダイエットサプリなどを選ぶ必要があります。

ラクトフェリンの飲み方について

茶色のサプリメント

ラクトフェリンは酸と熱に弱いため、胃酸が出る食後ではなく食前もしくは就寝前に飲むようにします。1日の摂取目安量は、およそ300ミリグラムです。ダイエットサプリを選ぶ際は、ラクトフェリンの量が多いか、腸まできちんと届くように設計されているかという点を確認しましょう。

ラクトフェリンを摂取している人の口コミ

落ちにくかった脂肪もなくなりました(57歳/女性)

中年太りが気になりだした頃から、下腹部がポッコリしていました。この贅肉をなんとかしたいと思い、飲み始めたのがラクトフェリン入りのダイエットサプリでした。アンチエイジング情報や口コミでも紹介されていたので、期待していました。1ヵ月飲み続けたところでお楽しみの体脂肪測定を行なうと、40パーセント台から20パーセント台まで落ちていました。かなり驚きです。下腹部のポッコリも取れたので、かなり満足です。

若くなったと言われました(51歳/女性)

口コミでラクトフェリン入りのダイエットサプリを知り、密かに試しはじめました。飲みはじめて2ヵ月後くらいに久しぶりに会った友人から、「若くなったけど、どうしたの?!」と言われて大喜びです。「顔の印象が違う。スタイルも良くなっている」と褒められたので、これからもラクトフェリン入りのダイエットサプリを飲み続けようと思います。

体質が改善されたのを感じます(53歳/女性)

このところ体の疲れが溜まっていて肌荒れも気になっていました。そこで、思い切ってデトックスをすることにしたのです。しかし、元々便秘体質の私は水分を飲んでも体を温めてもなかなか便通が良くなりません。そんなときに出会ったのがラクトフェリンを腸まで届けるというダイエットサプリでした。飲みはじめてまだ日は浅いですが、確かな効果を実感しています。かなりうれしいです。便通が少しずつ改善されることで、肌も綺麗になってきました。これからもっとデトックスできると思うと楽しみです。

ラクトフェリンを摂取するとき気をつけること

ラクトフェリンは「牛乳タンパク質」なので、牛乳アレルギーの人は避けなければいけません。また、ラクトフェリン配合のほとんどの製品には、「ラクチュロース」というミルクオリゴ糖が含まれています。ラクチュロースを摂取するとお腹が鳴る、お腹が張る、お腹が緩くなることもあるため、摂取量には気を付けましょう。

TOPボタン